現役投資家FPが語る

20年以上の投資経験がある現役投資家FPが「人生100年時代」の資産運用や公的年金などについて語ります

阪神淡路大震災から25年|地震保険と火災保険の違いや必要性を解説

阪神淡路大震災が発生してから今日(2020年1月17日)で、丸25年となります。 防災に関して色々と見直す機会になると思いますが、地震保険についても再確認するチャンスです。 火災保険に入っていれば地震保険は不要とお考えの方も多いと思いますが、この機会…

実家の空き家問題|相続した空き家に火災保険は必要?

空き家になる可能性がある実家が気になっている方も多いのではないでしょうか?就職する際などに都心に出てきて自宅も購入し、親が亡くなったら誰も住む予定のない実家がある方が増えていると思います。 親が亡くなって、実家が空き家になった場合にどのよう…

投資初心者の失敗原因|投資・ギャンブル・投機の違いを理解していない?

投資をする上で最も障害となるのが、元本保証がないことではないでしょうか。日本人は元本保証が大好きで、元本保証に慣れ過ぎています。 少しでも元本割れの可能性があると、ギャンブルと同じと考えてしまう方もいます。 「投資はギャンブルと同じだからや…

iDeCo(イデコ)の運用状況を公開|積立投資のメリットとは?デメリットはない?

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を始めようと検討する際に、気になるのは既にiDeCo(イデコ)をやっている方の運用状況ではないでしょうか。 利益が出ているのか?損をしているのか?など、特に資産運用が初めてという方は非常に気になるポイントだと思い…

人生100年時代の年金問題|老後貧乏を避けるためのポイントとは?

下記の記事でご紹介しましたオリエンタルラジオ中田さんのYouTube動画『【年金問題】老後2000万円不足の真意とは?〜前編〜年金の本質を理解すれば老後の不安が解消!』に続き、後編の『【年金問題】人生100年時代に一生お金に困らない方法とは?〜後編〜』…

「老後2000万円問題」の根拠とは?|勘違いが多い3つのポイント

公的年金だけでは老後に2000万円が不足するとした金融庁の報告書で、「老後2000万円問題」が話題となりました。 ネット上などでは、「老後2000万円問題」に対して色々な意見が出ていますが、報告書の内容や公的年金などについて勘違いされている方も多いよう…

ベーシックインカムとは?|日本で導入される可能性はある?

元ZOZO社長の前澤友作さんの100万円を当選者1000人に配るお年玉企画で「ベーシックインカム」という言葉が話題になりました。 Twitterでもトレンド入りしていました。 皆さん、想像してみてください!『仮に、毎月8万3千円(年間約100万円)があなたに無条件…

公的年金は不要なのか?|公的年金の大きな3つのメリット

公的年金だけでは老後に2000万円が不足するとした金融庁の報告書で、「老後2000万円問題」が話題となりました。 「老後2000万円問題」で、公的年金(国民年金・厚生年金)だけでは老後生活が成り立たないのであれば、公的年金は役に立たない。年金保険料を支…

通販型は自動車保険料の値上げ見送り|代理店型から乗り換えるべき?

消費税増税などの影響で、2020年1月から大手損保4社の自動車保険料が値上げされることをご存じでしょうか? 実は、通販型自動車保険を販売しているソニー損保など独立系ネット損保4社は、2020年1月には値上げを実施しません。 一般的に、大手損保などの代理…

確定拠出年金iDeCo(イデコ)の受け取り開始年齢を75歳にするメリット・デメリットとは?

厚生労働省が検討してきた私的年金制度の改革案によると、確定拠出年金の受取開始年齢を個人型(イデコ)、企業型とも現在の『60歳~70歳まで』から『60歳~75歳まで』に広げる方針です。 www.nikkei.com iDeCo(イデコ)の老齢給付金の受け取りを75歳までず…

生命保険は「掛け捨て型」がベスト?終身保険に加入するメリットはないのか?

仕事がら生命保険の見直しなどのご相談を頂くことが多いのですが、一般の方には生命保険のメリットが十分伝わっていないと感じることが多々あります。 今回はあるブログ記事を参考に使わせて頂いて、生命保険のメリットについて解説します。 生命保険は「掛…

iDeCo(イデコ)のおすすめの運用商品とは?|金融機関や投資信託の選び方を解説

掛け金が全額所得控除になることによる節税効果に魅力を感じて、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を始めようと思いながら、「金融機関はどこがいいのか?」や「どの運用商品を選べばいいのか?」などの疑問があり、申し込みを躊躇している方も多いのではな…

投資と投機の違いを理解していない「トイレーダー」の問題点とは?

「トイレーダー」という言葉をご存知でしょうか。先日、トイレーダーが起こした事件についての新聞記事を読みました。 「老後2000万円問題」が話題となり、投資に興味を持つ方が増えていますが、金融リテラシーが低い状態で運用を始めると、トイレーダーが引…

令和初の年末ジャンボ宝くじで10億円が当選した場合の使い道とは?

令和初の年末ジャンボ宝くじが2019年11月20日から全国で販売されていて、発売期間は2019年12月21日までと、残り一週間を切りました。 下記記事で、年末ジャンボ宝くじ1等の当選確率は2000万分の1の0.000005%であり、テラ銭(参加料)を55%も取られるため、…

給料前払いサービスとは?労働基準法や貸金業法に違反している?

以前の記事で、給料日前に給料債権を現金化する「給料ファクタリング」について解説をしましたが、「給料ファクタリング」と似たサービスに「給料前払いサービス」があります。 給料日より前に働いた分だけ現金が受け取れる「給料前払いサービス」についても…

老後2000万円不足の真意とは?|公的年金は積立貯蓄?それとも保険?

以前から気になっていたオリエンタルラジオ中田さんのYouTube動画『【年金問題】老後2000万円不足の真意とは?〜前編〜年金の本質を理解すれば老後の不安が解消!』を観てみました。 今回の動画もよくまとまっていて、面白いというのが正直な感想です。 「老…

一般NISAを刷新、2024年以降も延長へ|2階建てにする意味はあるのか?

政府・与党から一般NISA(少額投資非課税制度)を2024年に刷新する案が出ました。中長期の運用に適した低リスクの商品に投資する枠を20万円作り2階建てにする案です。 リスクの低い投資信託などに限定した積立枠(1階)+上場株式などにも投資できる枠(2階…

取引のない口座に三菱UFJ銀行が手数料導入へ |銀行に預金するとお金が減る時代が来た?

三菱UFJ銀行が取引のない口座に対して口座管理手数料の導入を検討しているとの報道がありました。 ついに最大手の三菱UFJ銀行が口座管理手数料の導入を検討することになり、今後、他の大手行への影響などについて注目が集まっています。 【取引ない口座手数…

給料の前借り「給料ファクタリング」とは?違法ではないのか?

将来の給与を事実上の担保として資金を提供し、手数料を要求する「給料ファクタリング」というサービスをご存じでしょうか? SNSの投稿を見て、給料の前借り感覚で「給料ファクタリング」を利用し、法外な手数料を請求される相談事例が増えているそうです。 …

「一般NISA」と「つみたてNISA」を比較|どちらがおすすめ?

NISA(少額投資非課税制度)には、「一般NISA」と「つみたてNISA」の2種類があることを知っている方は多いと思いますが、両制度の違いをはっきりと認識できていない方も意外と多いと思います。 「一般NISA」と「つみたてNISA」のどちらをやったらいいのかと…

休眠口座に口座維持手数料を導入へ|地方からマイナス金利が広がる!?

信用金庫などの地方金融機関で、一定期間入手金が止まった休眠口座に手数料を課す動きがあると、日本経済新聞で報道されました。 「不正利用を防ぐだけでなく……」。金融機関にとって、維持するだけでコストがかかる預金口座。休眠口座に手数料を課す動きが信…

iDeCo(イデコ)の掛金は変更(減額)や停止が可能?途中で解約できる?

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を始める際に不安になる点として、「掛金をいくらにするか」や、「その掛金を毎月支払い続けられのるか」などがあると思います。 また、 「途中でやめることは出来るのか」と不安に思っている方も多いことでしょう。 そこで…

貯金する人はアホ!銀行預金は本当に安全か?

尖ったタイトルに魅かれて、『貯金する人はアホ!知らなきゃ損する学校では教えてくれないお金の話(直接金融と間接金融)』というYouTube動画を観ました。 タイトルは尖っていますが、内容的には至極当たり前のことが語られていて、皆さんにも参考にして頂…

つみたてNISA延長へ いつ始めても非課税期間20年に|メリットと注意点を解説

積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)について、非課税で積み立てられる期限の延長が、年末にまとめる2020年度の与党税制改正大綱に盛り込まれることになりました。 「つみたてNISA」の期限延長には具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか…

令和初の年末ジャンボ宝くじ発売開始|10億円が当たる確率は?

年末ジャンボ宝くじの季節になりました。CMなどを観る機会も増えています。私も以前は、会社の同僚などと共同で夢を買ったことがありました。 1等・前後賞合わせて10億円が当たる2019年令和初の年末ジャンボ宝くじということで、注目されていますが、実際に1…

iDeCo(イデコ)の申し込み方法とは?|具体的な手続きの流れを解説

「老後2000万円問題」が話題になってから、資産運用について考えている方が増えていると思います。 資産運用について調べると、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)がメリットが大きい制度だとか、資産運用はiDeCo(イデコ)から始めるべきだという情報を目に…

日産の業績見通し大幅下方修正から考える高配当株投資のリスクとは?

11月12日に日産自動車(7201)が業績見通しを大幅に下方修正しました。 日産自動車は高配当銘柄として人気の高い銘柄ですが、業績低迷により、今期の配当額は未定となってしまいました。 今回の日産の件で、改めて配当金を狙った高配当株投資のリスクを痛感…

ジュニアNISAと学資保険を比較|教育資金の積立におすすめなのはどっち?

教育資金は、住宅資金や老後資金などと同様に人生の中で、大きなウェートを占める費用の1つです。 子供の教育資金をどのように貯めるべきか頭を痛めている方も多いでしょう。 教育資金の積立を検討すると、ジュニアNISAの情報を目にすることが多いと思います…

一般NISAをロールオーバーする・しないの判断基準とは?|私の事例を紹介

2019年(令和元年)も残り2か月を切りました。2015年の一般NISAの非課税投資枠は2019年12月末で5年間の非課税期間が終了します。 非課税期間満了時には、下記3つの選択肢があります。 ・売却・課税口座(一般口座・特定口座)へ移す・翌年の非課税投資枠へ…

金融庁が激怒するほど日本の投信信託はイケてない!?

仕事柄、資産運用に関する記事などを目にすることが多いのですが、下記の衝撃的な題名の記事を見付けて、思わず読んでしまいました。 www.newsweekjapan.jp FP(ファイナンシャル・プランナー)にとっては目新しい内容ではないのですが、実は一般の多くの方…