現役投資家FPが語る

20年以上の投資経験がある現役投資家FPが「人生100年時代」の資産運用や公的年金などについて語ります

円高とは?円高をわかりやすく解説


f:id:fp-investor-info:20190815210038j:plain

1ドル100円と1ドル90円ではどちらが円高でしょうか?1ドル 100円の方が円高と思われている方もいらっしゃると思います。

 

実は、1ドル90円の方が円高なのですが、なぜ、1ドル100円よりも1ドル90円の方が円高なのでしょうか?逆のようにも思えます。

 

今回は具体例をもとに円高についてわかりやすく解説します。

 

 

1.円高とは?

円高とは、円の価値が海外の通貨に対して高くなること。逆に海外の通貨は円に対して安くなります。

 

この説明だけではよく意味が分からないと思いますので、具体的な例を出して解説します。

 

円高の具体例

例えば、1米ドル100円で1つ買えていたものが、1米ドル50円になるとどうなるでしょうか?1米ドル50円になると2つ買うことができます。つまり、円の価値が米ドルに対して高くなったということになります。

 

これを円が高くなると相対的にドルは安くなることになるので、円高ドル安と表現します。

 

円高の覚え方としては、1ドルに対して円の数字が小さくなるほど、円高ということになります。例えば、1ドル100円と1ドル50円では、50円の方が数字が小さいので、1ドル50円の方が円高ということになります。

 

なお、1ドル●円以下は円高という明確な基準はありません。

 

 

2.どうなると円高になる?円高は予想できる?

どのようなことで為替は動き、円高になるのでしょうか?また、円高は予想できるのでしょうか?

 

為替は様々な要因で変動します。

 

例えば、2国間の金利差で為替は動きます。アメリカの金利が日本より高い時は、ドルで運用した方が有利なので、ドルが買われ、円が売られるので、ドル高円安方向に動きます。

逆に日本の金利アメリカより高い時は、円で運用した方が有利なので、円が買われ、ドルが売られるので、円高ドル安方向に動きます。

 

為替の変動は、金利差だけでなく、経済情勢や物価情勢など様々な要因が影響するので、大まかな流れは予想できても正確に予想することは不可能です。よって、為替の動向を予想してFX(外国為替証拠金取引)などで大きな資金を動かすことは、非常にリスクが高くなります。

 

ここで、私が為替取引で失敗した事例をご紹介します。

2016年のアメリカ大統領選で、トランプの当選はほとんどの方が予想していませんでしたし、私もそう考えていました。

しかし、大方の予想に反し、トランプが大統領になったことで、急激な円高となりました。日銀の金融緩和で円安を予想していた私は、FX(外国為替証拠金取引)で大きな損失を被りました・・・。

 

 

 

3.円高のメリット

円高になるとどのような影響が発生するでしょうか?円高により発生するメリットをご紹介します。

 

1)輸入業者にはプラス

輸入業者にとって、円高はプラスに働きます。

 

例えば、1つ1ドルのモノを輸入していた場合、1ドル100円であれば、1つ仕入れるのに100円を支払う必要があります。

為替レートが円高になり、1ドル50円になると、1つ50円で輸入することができ、50円安く仕入れることができます。仕入れの原価が半分になります。

 

円高により、輸入製品や輸入原材料の価格が安くなると、国内物価を押し下げ、デフレの原因となります。日銀が金融緩和を継続して円高を防ごうとしている理由がここにあります。  

 

2)海外旅行に安く行ける。

円高になると海外旅行に安くいけるようになります。例えば、1泊1,000ドルの部屋に泊まる場合、1ドル100円だと、1万円支払う必要があります。為替レートが円高になり、1ドル50円になると、1泊5,000円で泊まれるようになります。

 

 

4.円高のデメリット

続いて、円高により発生するデメリットをご紹介します。

 

1)輸出業者にはマイナス

輸入業者とは逆に輸出業者にとっては、円高はマイナスに作用します。

例えば、現地で1つ1ドルで販売しているモノを輸出しているとすると、1ドル100円の場合には、100円の売り上げとなります。

しかし、為替レートが1ドル50円になると、100円を売り上げようとすると、商品を1つ2ドルに値上げする必要があります。

値上げをすると価格競争力が落ちますので、輸出業者の売上が下がってしまいます。日本経済は輸出業者が支えている面があるため、日本経済にとっては、円高はマイナスの作用が大きくなります。

たとえば、トヨタ自動車の場合は、為替レートが1円円高になっただけで、営業利益が400億円も目減りすると言われています。

 

2)日本に来る旅行者が減る。

円高の場合は、海外旅行に行く人が有利になりますが、逆に海外から日本に来る人にとっては、不利に働きます。

例えば、1泊1万円のホテルに海外の人が泊まる場合、1ドル100円だと、1,000ドル支払うことになります。

しかし、為替レートが円高になり、1ドル50円になると、1泊1万円のホテルに泊まるのに、2,000ドル支払う必要があります。

全く同じ部屋に泊まるのに2倍もお金を出す必要があります。円高になると、海外渡航者によるインバウンド消費が減って日本経済にはマイナスの作用があります。

 

 

まとめ

円高は、日本経済にとって、プラスに働く面と、マイナスに働く面の両面があります。 どちらかというと、円高は日本経済にとっては、マイナス面の方が強いといえます。

 

円高・円安は、日本経済に大きな影響を与えます。株価も為替動向によって大きく動く場合があります。よってFX(外国為替証拠金取引)などの為替取引をしていなくても、為替の動向は非常に重要な指標になります。

資産運用を考えている方にとっては、為替の動向は、押さえておくべき指標で、為替の知識は、最低限身に付けるべき金融リテラシーの1つです。