現役投資家FPが語る

20年以上の投資経験がある現役投資家FPが「人生100年時代」の資産運用や公的年金などについて語ります

円安とは?円安をわかりやすく解説


f:id:fp-investor-info:20190815210227j:plain

前回の記事『円高とは?円高をわかりやすく解説 - 現役投資家FPが語る』 で円高について解説しまいたが、今回は、円安について解説したいと思います。

 

1ドル100円と1ドル90円、どちらの方が円安なのでしょうか? また、円安のメリット、デメリットについて解説します。

 

 

1.円安とは?

円安とは、円の価値が海外の通貨に対して安くなること。逆に海外の通貨が円に対して高くなります。

 

この説明 だけではよく意味が分からないと思いますので、具体的な例を出して解説します。

 

円安の具体例

例えば、1米ドル100円で1つ買えていたものが、1米ドル150円になるとどうなるでしょうか?1米ドル150円になると50円を追加しないと買うことができなくなります。つまり、円の価値が米ドルに対して下がったということになります。

 

これを円が安くなるのと相対的にドルは高くなることになるので、円安ドル高と表現します。

 

円安の覚え方としては、1ドルに対して円の数字が大きくなるほど、円安ということになります。例えば、1ドル100円と1ドル50円では、100円の方が数字が大きいので、1ドル100円の方が円安ということになります。

 

なお、1ドル●円以上は円安という明確な基準はありません。

 

 

2.どうなると円安になる?円安は予想できる?

どのようなことで為替は動き、円安になるのでしょうか?また、円安は予想できるのでしょうか?

 

為替は様々な要因で変動します。

 

為替の変動は、金利差や経済情勢、物価情勢など様々な要因が影響するので、大まかな流れは予想できても正確に予想することは不可能です。よって、為替の動向を予想してFXなどで大きな資金を動かすことは、非常にリスクが高くなります。

  

為替を正確に予想できるという前提で資産運用を行うと大きな損失を被る可能性があります。よって、為替は正確には予想できないとう前提で資産運用を行う必要があります。

私は以前、為替を円安方向に予想し、FX(外国為替証拠金取引)を行っていたことがありましたが、予想外の円高に遭い、大きな損失を被りました・・・。

 

 

 

3.円安のメリット

円安になるとどのような影響が発生するでしょうか?円安により発生するメリットをご紹介します。

 

1)輸出業者にはプラス

輸出業者にとっては、円安はプラスに働きます。例えば、1つ1ドルのモノを輸出していた場合、1ドル100円 であれば、1つ売ると100円の売上です。

為替レートが円安になり、1ドル150円になると、1つ売ると、売上が150円となり、 売上額が1.5倍になります。

 

売り上げる個数が同じでも円安になると売上額が上がりますので、輸出業者にとっては、円安はプラスに働きます。

 

日本経済は輸出業者が支えている面があるため、日本経済にとっては、円安はプラス面が大きくなります。

たとえば、トヨタ自動車の場合は、為替レートが1円円安になっただけで、営業利益が400億円も増えると言われています。

 

2)日本に来る旅行者が増える

海外から日本に来る観光客が増える可能性があります。例えば、1泊1万円の部屋に泊まる場合、1ドル100円 だと、1,000ドル支払う必要があります。

為替レートが円安になり、1ドル200円になると、1泊500ドルで泊まれるようになります。海外からの旅行者にとっては、円安になると日本での滞在費が安くなるので、日本に来る外国人が増える可能性があります。

 

 

4.円安のデメリット

続いて、円安により発生するデメリットをご紹介します。

 

1)輸入業者にはマイナス

輸出業者とは逆に輸入業者にとっては、円安はマイナスに作用します。

 

例えば、現地で1つ1ドルで販売しているモノを輸入しているとすると、1ドル100円の場合には、仕入には1つ100円かかります。

しかし、為替レートが1ドル150円になると、商品を1つ仕入れるのに150円かかります。つまり、全く同じ商品を仕入れるにもかかわらず、仕入値は1.5倍になります。

 

海外からの仕入値が1.5倍になったので、国内での販売価格も1.5倍にすると、売り上げが落ちる可能性があります。

また、そこまで値上げできないとすると、利益を削って吸収するしかないので、どちらにしても輸入業者にとっては、マイナスとなります。

 

2)海外旅行者にはマイナス

円安の場合、海外から日本へ旅行に来る外国人は有利になりますが、逆に日本から海外に旅行に行く人には不利に働きます。

 

例えば、1泊1,000ドルのホテルに泊まる場合、1ドル100円だと、1万円支払うことになります。

しかし、為替レートが円安になり、1ドル150円になると、全く同じホテルに泊まるのに、1万5千円支払う必要があります。全く同じ部屋に泊まるのに1.5倍もお金を出す必要があります。

 

円安になると、海外旅行先での滞在費が高くなるので、海外旅行に行く人にとっては不利に働きます。

 

 

まとめ

円安も円高と同様に、日本経済にとって、プラスに働く面と、 マイナスに働く面の両面があります。 どちらかというと、円安は日本経済にとっては、プラス面の方が強いといえます。

 

円高・円安は、日本経済に大きな影響を与えます。株価も為替動向によって大きく動く場合があります。よってFXなどの為替取引をしていなくても、為替の動向は非常に重要な指標になります。

資産運用を考えている方にとっては、為替の動向は、押さえておくべき指標で、最低限身に付けるべき金融リテラシーの1つです。