現役投資家FPが語る

20年以上の投資経験がある現役投資家FPが「人生100年時代」の資産運用や公的年金などについて語ります

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を始める前に押さえておくべき3つのデメリット


f:id:fp-investor-info:20190914214558j:plain

「老後2000万円問題」で資産運用の大切さが認識され、資産運用の方法を色々と探している方も多いと思います。

その中で、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)をすすめられることが少なくないでしょう。 

www.fpinv7.com

  個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は非常にメリットが大きい制度で、是非、活用して頂きたいのですが、押さえておくべきデメリットもあります。

コインの表と裏のように、メリットがあればデメリットがあるのが世の常です。

 

今回は、イデコを始める前に知っておいて頂きたいデメリットについて解説します。

今回解説するデメリットを押さえておかないと、後で後悔することになる可能性もあるので、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を始める前には、下記の記事を読み、しっかりとデメリットを確認して頂ければと思います。

 

  

デメリット①:掛け金は60歳まで引き出せない

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の最も大きなデメリットが拠出した掛け金は、60歳まで引き出せないという点です。60歳まで引き出せないので、老後資金としてしっかりとお金が貯められるというメリットもあるのですが、デメリットの方が大きいでしょう。

 

例えば、教育費がかさみどうしてもお金が必要となった時に、銀行預金などであれば、引き出しが可能ですが、イデコは60歳まで引き出すことができません。

掛け金の途中引き出しができないことを知らずにイデコを始めてしまうと、どうしてもお金が必要となった際に教育ローンなどを借りることになってしまう可能性があります。

 

私がイデコを始める際にも60歳まで掛け金を引き出せないという点は不安でした。人生は何があるか分かりませんので、長期間自由に使えない資金を増やすのはリスクがあります。

 

よって、イデコは拠出した掛け金は60歳まで引き出せないということをしっかりと認識した上で毎月の拠出額を決めるべきです。

拠出額は、月5,000円から1,000円単位で決められるので、余裕のある範囲で掛け金を決めることが重要です。

 

また、掛け金拠出後も年に1回は拠出額を変更できますので、収入が減ったり、支出が増えたりして、毎月の掛け金支払いが苦しくなった場合には、拠出額を下げるといいでしょう。

なお、どうしても毎月の掛け金支払いが苦しい場合には、拠出を止めて運用のみにすることも可能です。

 

 

デメリット②:元本保証ではない

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は、老後の公的年金の上乗せとしての制度ですが、元本保証ではない点に注意が必要です。

「元本確保型商品」の保険や定期預金もありますが、イデコは毎月、口座管理手数料が差し引かれますので、現在のような低金利の状況では、保険や定期預金で付く金利よりも口座管理手数料の方が大きくなり、資産を減らしてしまうことになります。

 

一方、運用商品に「投資信託」を選ぶと、運用によっては、大きく元本割れする可能性もあります。その点をしっかりと理解して始める必要があります。

 

掛け金を拠出する際に、掛け金全額が所得控除の対象となる税制上の優遇措置はありますが、それでは補えないくらいのマイナスを発生させてしまう可能性もゼロではありません。

 

特にフリーランスなどの自営業者(第1号被保険者)の方は、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)と国民年金基金のどちらを活用するかを吟味した方がいいでしょう。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)と国民年金基金は、拠出枠が同枠で、両制度合わせて月6.8万円までしか拠出できません。

 

国民年金基金は、掛け金を拠出した時点で受け取る年金額が決まっている確定給付の制度です。イデコのように運用次第で受け取る給付額が変動する確定拠出の制度ではありません。

であれば、イデコよりも国民年金基金にすべてきではないかと思うかもしれませんが、国民年金基金には、物価スライドの制度がありません

物価が上がるインフレが発生した場合、受け取る年金額が実質的に目減りしてしまう可能性があります。

 

www.fpinv7.com

 

  

デメリット③:手数料がかかる

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は、拠出時、運用時、給付時に手数料がかかります。よって、運用商品に元本保証の定期預金や保険を選んだ場合、運用益よりも手数料の方が多くなってしまうことがあります。

特に現在のような低金利時代には、定期預金や保険では手数料以上の運用益を稼ぐことはできません。

 

イデコで必要となる主な手数料は下記の通りです。

・加入時手数料
・口座管理手数料
・移換時手数料
・給付事務手数料

 

イデコを始める際には、銀行や証券会社などの金融機関を選ぶ必要があるのですが、どこの金融機関でイデコを始めるかによって上記の手数料額が異なります。

 

加入時手数料は、ほとんどの金融機関で2,777円となっていますが、口座管理手数料は、金融機関によってバラバラです。

口座管理手数料は、掛け金を毎月支払っている場合だけでなく、拠出を止めて運用のみを行う場合にも必要となります。

 

手数料は掛け金から差し引かれるので、拠出時には痛みを感じません。しかし、拠出額から差し引かれているので、運用される金額が減る分、運用効率が下がります。

 

例えば、掛け金拠出時の口座管理手数料は、一番手数料が安い金融機関で月167円、一番手数料が高い金融機関では月617円で、その差は450円です。

毎月では小さい差も長期間となれば、大きな差となります。仮に、30歳の方が60歳までの30年間、掛け金を拠出するとなると、毎月450円の差も30年間では162,000円もの差となってしまします。

  

  

まとめ

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)のデメリットをまとめましたが、イデコにはデメリットを上回るメリットがあります。そもそもデメリットのない制度などありません。メリットがあれば、何かしらのデメリットがあるものです。

 

大切なことは、イデコを始める前にどのようなデメリットがあるのかを確認し、デメリットの部分を最小限に抑えて始めることでしょう。