現役投資家FPが語る

20年以上の投資経験がある現役投資家FPが「人生100年時代」の資産運用や公的年金などについて語ります

インフレとは?日本はインフレにならない!?


f:id:fp-investor-info:20190816164210j:plain

長期間デフレが続いてきた日本で、物価上昇率2%のインフレを目指し、日銀の金融緩和政策が2013年春から続いています。

日本では長期間デフレが続いてきましたので、本当にインフレが起こるのかという疑問さえ感じてしまいます。

 

今回はインフレとは、どのような状態なのかや、日本がインフレになる可能性について解説します。

 

 

1.インフレ(インフレーション)とは?

インフレ(インフレーション)とは、モノやサービスの値段 (物価)が上がり、通貨(お金)の価値が下がることをいいます。

 

例えば、鉛筆が1本100円だったとして、インフレになると、その値段が上がります。インフレにより、鉛筆1本の値段が200円になったとしたら、どうなるでしょうか。

今まで100円で買えていたものが、200円になるということは、通貨の価値が2分の1になったことになります。

 

日銀が目指す前年比2%の物価上昇で考えると、100円で買えた鉛筆が、102円に値上がりすることになります。

 

 

2.インフレが起きる原因

さて、インフレはなぜ起きるのでしょうか?

 

1)ディマンド・プル・インフレとは?

インフレの原因は色々とありますが、インフレの原因のひとつに好景気があります。景気が良くなるとモノがよく売れて、需要が増えます。需要が増え、供給を上回ると、モノの値段(物価)は上がります。

 

例えば、Aという商品が1つあったとします。この商品を欲しいという人が1人だったとすると、適正な値段でしか売れないでしょう。しかし、欲しい人が増え100人になれば、Aという商品の値段は上がっていくことが想像できると思います。

 

これをディマンド・プル・インフレといいます。需要サイドの要因によるインフレで、ディマンド(需要)がプル(引っ張る)インフレという意味です。

 

2)コスト・プッシュ・インフレとは?

一方、賃金や原材料が上がることにより、モノを作るための費用が上がり、モノの値段が上がることをコスト・プッシュ・インフレといいます。供給サイドの要因によるインフレで、コスト(費用)がプッシュ(押す)インフレという意味です。

 

ディマンド・プル・インフレは、景気が好循環し、給与も上がりますので、良いインフレです。一方、コスト・プッシュ・インフレは、生産費用だけが上がり、賃金は上がりませんので、景気は良くならず、悪いインフレです。

 

 

3.日本でもインフレが起こる可能性あり?

インフレと聞くと、景気が良くなり、需要が増えることにより、モノの値段が上がるディマンドプルインフレをイメージする方が多いのではないでしょうか。

日本ではインフレが起こるような景気回復は望めないと考えている方も多いため、モノの値段が上がるインフレは起こることはないという考えを持っている方も多いと思います。

 

しかし、日本の景気が良くならなくてもインフレが起こる可能性があります。それが、コストプッシュインフレです。

 

既に日本の総人口は2008年をピークに減り始めています。今後も高齢者の増加と出生数の減少傾向は変わらない見込みで、人口の減少は続くとみられています。

更に国の借金は1,100円兆円を超えています。このまま政治の無策が続けば、日本の国力は下がり、日本円の信任が下がります。そうなると、ドルなどの他国の通貨にくらべて円の価値が下がり、円安になる可能性があります。

 

円安になると食料品、原油など多くの製品を輸入に頼っている日本は、色々なモノの値段が上がる可能性があります。

日本は円安になり過ぎるとインフレが起こることになります。つまり、円安になり、輸入する原料が高くなるので、販売する商品が高くなる。コストプッシュインフレが起きるわけです。これを輸入インフレーションともいいます。

 

日本人はデフレに慣れすぎましたが、インフレが起こる可能性はゼロではありません。

 

 

4.インフレのリスクとは?

インフレのリスクがあるという言葉を聞いたことはないでしょうか?インフレにはどのようなリスクがあるのでしょうか?

 

日本人は元本保証が好きで、元本割れする可能性を極度に嫌います。しかし、元本保証とは額面の保証であって、価値の保証ではないことを認識すべきです。

 

例えば、日銀が目標としている物価上昇率2%が30年間続いた場合、下図の通り、1,000万円の価値は、30年後に545万円になってしまいます。

f:id:fp-investor-info:20190819143201p:plain

 

銀行口座に入っている1,000万円という金額は引き出さない限り30年間でも目減りすることはありませんが、 物価が2%ずつ30年間上昇し続けると、実質的な価値は545万円に下がっていることになります。 つまり、元本保証とは、額面は保証されても、その価値は保証されるわけではないということです。

最終的に重要になるのは、お金の額面ではなく、価値です。

 

日銀が年率2%の物価上昇を目指しているのであれば、私たちは、最低でも2%を上回る利回りで資産運用をしなければ、実質的に所有しているお金の価値は目減りしてしまいます。

 

また、日銀が物価上昇率をコントロールできる保証はどこにもありません。物価上昇率をコントロールできずにハイパーインフレになってしまう可能性もゼロではありません。

ハイパーインフレが起きれば、更にお金の価値は下がってしまいます。

 

 

 

まとめ

日本では今後、景気が良くなる可能性は低いからインフレは起こらないのではないかと考えている方もいますが、上記のような円安を原因としたインフレが起こる可能性もあります。

 

インフレに対処する方法の1つにインフレ時に価値が上がるもので資産運用しておく方法があります。

例えば、外貨への投資もその1つです。ドルに投資しておけば、円安になった時にはドルの価値が上がるわけですから、インフレに対処できます。

仮に、物価が1年間で10倍になるようなハイパーインフレが起きた場合、日本円の価値は、10分の1になります。 1,000万円の貯金が、100万円の価値になってしまいます。

 

常々思うことですが、日本人は円を信頼し過ぎではないでしょうか。確かに、投資をすると一時的に資産が減ることもありますが、長い目でみると、自分の資産の防衛になると思います。

投資を始めると資産が減るリスクも発生します。しかし、 何もしないことにもリスクがあることを考えるべきです。 何もしないリスクとは、日本円をそのまま持ち続けること です。

日本円を銀行やゆうちょ銀行に預けていれば、額面は目減りすることなく、安心と思われるかもしれませんが、インフレが起きれば、 実質的に資産は目減りすることになります。

 

インフレやデフレについて知り、資産運用の必要性を日本人も意識すべきではないでしょうか。インフレやデフレについての知識は、最低限身に付けておくべき金融リテラシーの1つです。