現役投資家FPが語る

20年以上の投資経験がある現役投資家FPが「人生100年時代」の資産運用や公的年金などについて語ります

NISAのロールオーバー制度とは?|手続きを忘れるとどうなる?


f:id:fp-investor-info:20191001184641j:plain

今年(2019年)も残り約3ヶ月となり、一般NISAの2015年の非課税投資期間が終了します。

 

一般NISAの非課税期間終了時に保有している株式や投資信託などはどうなるのでしょうか?

実は、非課税期間終了時に手続きをしないと、デメリットが発生する場合があることをご存知でしょうか?

 

非課税期間終了時に手続きが必要なのが、ロールオーバー制度です。

 

一般NISAのロールオーバーとは、どのような制度なのでしょうか?手続きを忘れた場合にはどのようなデメリットが発生するのでしょうか?

 

今回は、一般NISAのロールオーバー制度について解説します。

 

1.一般NISAのロールオーバーとは?

一般NISAは、非課税投資枠120万円以内で購入した株式や投資信託などの譲渡益や分配金・配当金が非課税となる制度です。

課税口座(一般口座・特定口座)の譲渡益や分配金・配当金には、20.315%の税金がかかります。

 

www.fpinv7.com

  

非課税投資枠の非課税期間は5年間と決まっています。この5年間が終了する際には、非課税投資枠で保有している資産に対して、下記の3つの選択肢があります。

売却
課税口座(一般口座・特定口座)へ移す
翌年の非課税投資枠へロールオーバー

 

ロールオーバーとは、カタカナなので分かりにくいのですが、簡単に説明すると、翌年の非課税投資枠へ所有している株式や投資信託などの保有資産を移すことを意味します。

 

翌年の非課税投資枠に保有している株式や投資信託を移すことにより、更に5年間の非課税期間を活用できます。

つまり、ロールオーバーを活用すれば、非課税期間を最長10年間活用できることになります。

 

一般NISAの5年間の非課税期間が更に5年間延び、最長10年間も非課税で株式や投資信託などを保有できると聞くと、メリットしかないように思えますが、ロールオーバーには下記のような注意点があります。

 

 

2.ロールオーバーを行う場合の注意点

一般NISAの非課税期間終了時にロールオーバーを行う場合、下記のような点に注意する必要があります。

 

・翌年の非課税投資枠を使用する

ロールオーバーした場合、ロールオーバーする保有資産分の非課税投資枠を使用することになります。よって、翌年の非課税投資枠がロールオーバーした保有資産分だけ減ることになります。

 

例えば、2015年に購入した60万円の株式が、非課税期間終了時(2019年末)に時価80万円に値上がりし、翌年の非課税投資枠に時価80万円の株式をロールオーバーした場合、翌年の使える非課税投資枠は40万円(120万円-80万円)となってしまいます。

一般NISAロールオーバー(120万円以内)

 

・保有資産が120万円を超えていてもロールオーバー可能

非課税投資枠は120万円ですが、非課税期間終了時に保有している資産が120万円を超えていたとしてもロールオーバーが可能です。

例えば、2015年に60万円で購入した株式が、非課税期間終了時(2019年末)に時価140万円になっていたとしても、翌年の非課税投資枠に時価140万円の株式をロールオーバーすることができます。 

一般NISAロールオーバー(120万円超)

ただし、120万円の非課税投資枠を全て使用することになるので、追加で株式や投資信託などを購入することはできません。

  

・他社のNISA口座へはロールオーバーできない

NISA口座は開設後に金融機関を他社に変更することが可能ですが、非課税期間終了時に他社でNISA口座を開設している場合には、ロールオーバーはできません

 

例えば、A社で一般NISA口座を開設し、X社の株式を購入し、その後、一般NISA口座をB社に変更したとします。

A社での非課税投資期間が終了した際には、A社の口座からB社のNISA口座へは資産を移すことはできないので、ロールオーバーすることはできません。

 

A社の一般NISA口座で購入したX社の株式は、A社の課税口座(一般口座・特定口座)に払い出されることになります。

  

「一般NISA」から「つみたてNISA」へはロールオーバーできない

一般NISA」と「つみたてNISA」は同一年での併用はできませんが、「一般NISA」から「つみたてNISA」への変更や、「つみたてNISA」から「一般NISA」への変更は可能です。

しかし、「一般NISA」で買い付けた株式や投信信託などは、「つみたてNISA」へはロールオーバーできません

 

例えば、「一般NISA」でY社の株式を購入し、その後に「つみたてNISA」に変更した場合、非課税期間終了時には、Y社の株式を「つみたてNISA」口座にロールオーバーすることはできません。

Y社の株式は課税口座に払い出されることになります。

 

 

3.ロールオーバーの手続きを忘れた場合はどうなる?

実は、一般NISAの非課税期間終了時に保有資産が自動的にロールオーバーされるわけではありません。

ロールオーバーを選択するのであれば、書類での手続きが必要となります。手続きを忘れた場合には、保有資産はロールオーバーされず、課税口座に移管されてしまいます。

 

一度、課税口座に払い出された資産は、NISA口座に戻すことはできませんので、ロールオーバーをする予定であれば、手続きを忘れないようにお気を付けください。

 

特に評価損が出ている銘柄がある場合には注意が必要です。ロールオーバーの手続きを行わないと、課税口座に移されて、保有資産はその時点の時価で購入したことになります。

評価損が出ている資産を課税口座に移すと、下記事例のように譲渡損が出ているのに税金がかかる可能性がありますので、ご注意ください。

 

実質的に譲渡損が出ているのに課税される事例

一般NISA口座で買い付けた株式50万円が非課税期間終了時に時価30万円に値下がりし、時価30万円の時点で課税口座に移管したとします。

一般NISA口座から課税口座への移管時は、その時点での時価で買い付けたことになるので、課税口座での取得価格は30万円となります。

 

その後、40万円まで値を戻したところで売却すると、譲渡益10万円(40万円-30万円)に20.315%の税金がかかります。

一般NISA口座で買い付けた時の価格50万円と比較すると、実質的には10万円(50万円-40万円)の譲渡損が発生していますが、あくまでも取得価格は、課税口座移管時の30万円と判断されてしまいます。

 

つまり、実質的には、損をしているのにも関わらず、更に税金を払わなければならず、実際の損失額が膨らむことになります。

 一般NISAロールオーバー事例

 

 

4.ロールオーバーの手続きはいつまでにする必要がある?

上記の通り、ロールオーバーは書類での手続きが必要となり、11月末から12月初旬ごろまでに一般NISA口座を開設している証券会社などの金融機関に手続書類を郵送する必要があります。

ロールオーバー手続に必要な書類は、非課税期間終了前に証券会社などの金融機関の方から手続書類を郵送する場合や、金融機関に請求する必要がある場合があります。

 

なお、ロールオーバーの手続き方法や手続きの期限については、一般NISA口座を開設している金融機関によって異なる場合もありますので、必ず、ご自身の口座を開設している金融機関で確認するようにしてください。

 

ちなみに、私が一般NISA口座を開設しているカブドットコム証券は、11月20日までに手続書類をサイトから請求し、12月1日(必着)までに返送する必要があります。 

 

 

5.2019年以降の一般NISAはロールオーバーできない!?

下図を見ると分かる通り、2019年(平成31年)以降に一般NISAを利用した場合、次の非課税投資枠がありませんので、ロールオーバーができません。

最長5年間しか非課税期間がないという点を考慮して利用することを決める必要があります。

一般NISA非課税投資期間イメージ

(出典:金融庁

 

これからNISAを活用しようと検討している方であれば、非課税期間が5年間しかない点を考慮し、「つみたてNISA」を選択するという考え方もアリでしょう。

 

 

まとめ

NISAは株式や投資信託の譲渡益や分配金・配当金が非課税ということは知っていても、非課税期間終了時の手続きを知らない方もいらっしゃると思います。

 

一度、課税口座に払いだされた株式や投資信託などは、再度、NISA口座に戻すことはできません。

一般NISAで株式や投資信託を所有されている方は、非課税期間終了時の手続きについて、口座を開設している金融機関に早めに確認されることをおすすめします。