現役投資家FPが語る

20年以上の投資経験がある現役投資家FPが「人生100年時代」の資産運用や公的年金などについて語ります

マイナポイントには自治体独自の上乗せがある!?受取方法や注意点を解説


f:id:fp-investor-info:20200818145152j:plain

キャッシュレス決済サービスのチャージや利用により、最大5000円分(還元率25%)のポイントが受け取れるマイナポイント事業が2020年9月1日から始まります。

 

下記記事でマイナポイントに独自で上乗せ還元を行うキャッシュレス決済サービス業者があることをご紹介しました。 

www.fpinv7.com

 

更に、自治体でも独自でマイナポイントに上乗せを行うケースがあることをご存知でしょうか?

 

今回は、自治体が独自に行うマイナポイント上乗せ施策について、受取方法や注意点などについて解説したいと思います。

マイナポイントには自治体独自の上乗せがある!?

f:id:fp-investor-info:20200616152220j:plain

冒頭でご紹介した通り、マイナポイントに独自で上乗せポイントを付与する自治体があります。

 

上乗せでポイントを付与する自治体に住んでいれば必ず上乗せ分をゲットできるわけではないので、注意が必要です。

 

自治体独自の上乗せポイントの受取方法と注意点について、これから解説したいと思います。

 

 

マイナポイントに対する自治体独自の上乗せポイントの受取方法

f:id:fp-investor-info:20200619195144j:plain

マイナポイントに付与される自治体独自の上乗せポイントの受取方法を宇都宮市の例で解説したいと思います。

 

対象者

市登録キャッシュレス決済事業者が取扱うキャッシュレス決済サービスを選択し、市内店舗で買い物をして、マイナポイントが付与される方

 

宇都宮市の上乗せポイントを獲得できる対象者は、「宇都宮市の登録キャッシュレス決済事業者が取扱うキャッシュレス決済サービスで宇都宮市内店舗で買い物をした方」となっています。

 

上記の条件を読む限り、宇都宮市に住んでいる必要はなく、宇都宮市内の店舗で買い物をすれば、上乗せポイントをゲットできることになります。

スポンサーリンク

 

 

上乗せポイント額

対象者に1,000円分の上乗せポイントを一律付与

 

対象者に一律1,000円ということなので、宇都宮市内で100円でも200円でも買い物をすれば、1,000円分のポイントが受け取れることになります。

 

上乗せのポイント額やポイント付与の条件については、自治体によって異なりますので、注意が必要です。

 

上乗せポイントを受け取る際の注意点

自治体独自の上乗せポイントを受け取るには、自治体に登録されているキャッシュレス決済サービスを使う必要があります。

 

宇都宮市の例では、まだ市指定のキャッシュレス決済サービス業者が決まっていないので、決定されるまでマイナポイントの申込を待つ必要があります。

 

マイナポイントを受け取るには、「マイナポイントの申込」でキャッシュレス決済サービスを1つ選ぶ必要があり、一度選んだキャッシュレス決済サービスを変更することはできません

 

よって、一番お得にポイントをゲットできるキャッシュレス決済サービスをじっくりと選ぶ必要があります。

 

マイナポイント事業には予算があるので、マイナポイント予約は急いで行い、申込については少し様子を見てから行う方がいいでしょう。

 

マイナポイントを受け取るための「予約・申込」の詳細については、下記記事をご参照ください。 

www.fpinv7.com

 

なお、宇都宮市で独自に付与される上乗せポイントは、宇都宮市以外でも使えるようです。

スポンサーリンク

 

 

 

マイナポイントに独自上乗せを付与する自治体一覧

f:id:fp-investor-info:20200722195948j:plain

マイナポイントに独自の上乗せポイントを付与する自治体は、宇都宮市だけでなく、徳島県(徳島県版プレミアムポイント)や滋賀県(滋賀応援ポイント)などがあります。

 

調べた限りでは、下表の自治体で独自の上乗せを企画しています。 

自治体 上乗せポイント上限
徳島県 3,000円
滋賀県 1,000円
三重県いなべ市 5,000円
兵庫県三木市 5,000円
静岡県西伊豆町 5,000円
北海道厚真町 5,000円
茨城県常陸太田市 4,000円
栃木県宇都宮市 1,000円
大阪府岸和田市 未定

 

 

決済サービス業者と自治体のダブルで上乗せポイントを受け取り可能!

f:id:fp-investor-info:20200805200446j:plain

マイナポイント申込で選ぶキャッシュレス決済サービスによっては、決済サービス業者の上乗せと、自治体の上乗せのダブルでポイントを受け取れるケースがあります。

 

例えば、三重県いなべ市では、いなべ市民限定ですが、マイナポイント申込でWAONを選択した場合、下記の通り、自治体の上乗せポイントとWAONの上乗せポイントの両方が付与されます。

 

マイナポイント:5,000円(還元率25%)
いなべ市プレミアムポイント:5,000円(還元率25%)
WAON独自ポイント:2,000円(還元率10%)

 

WAONに2万円チャージすることにより、マイナポイントと上乗せを合わせると、合計12,000円分のポイントを獲得することができます。

 

マイナポイントにどのような上乗せ施策があるのかを見極めてから「マイナポイント申込」を行う必要があります。

スポンサーリンク

 

 

 

まとめ

f:id:fp-investor-info:20200616152203j:plain

マイナポイントには、決済サービス業者の上乗せだけでなく、自治体の上乗せもあります。

 

自治体によっては、詳細が決まっていない場合もありますので、キャッシュレス決済サービスを選択する「マイナポイントの申込」は少し待った方が良さそうです。

 

今後、決済サービス業者の上乗せについても新たな情報が出てくる可能性があります。

 

なお、マイナポイントを受け取るためには、下記の3つの手続が必要です。

  • マイナンバーカードの作成
  • マイナポイントの予約(マイキーIDの登録)
  • マイナポイントの申込(キャッシュレス決済サービスの選択)

 

マイナンバーカードの作成からマイナポイントの受け取りまでについては、下記記事をご参照ください。 

www.fpinv7.com

 

www.fpinv7.com

 

www.fpinv7.com