現役投資家FPが語る

20年以上の投資経験がある現役投資家FPが「人生100年時代」の資産運用や公的年金などについて語ります

「一般NISA」と「つみたてNISA」を比較|どちらがおすすめ?


f:id:fp-investor-info:20191127211104j:plain

NISA(少額投資非課税制度)には、「一般NISA」と「つみたてNISA」の2種類があることを知っている方は多いと思いますが、両制度の違いをはっきりと認識できていない方も意外と多いと思います。

 

「一般NISA」と「つみたてNISA」のどちらをやったらいいのかと悩んでいる方もいるでしょう。

 

そこで今回は、「一般NISA」と「つみたてNISA」の違いと、どちらを活用すべきかについて解説します。

 

 1.一般NISAとは?

NISA(少額投資非課税制度)とは、2014年1月からスタートした少額からの投資を促進するための非課税制度です。

通常、株式や投資信託などの売却益や配当金・分配金には20.315%の税金がかかりますが、一般NISA口座を活用すると株式や投資信託などの売却益や配当金・分配金が5年間非課税となります。

 

一般NISA口座の毎年の非課税投資枠は120万円非課税期間は最長5年間非課税投資枠は最大で600万円になります。投資可能期間は2014年~2023年です。 

www.fpinv7.com

 

一般NISAで積立投資は可能か? 

積立投資というと、つみたてNISAをイメージする方が多いと思いますが、実は、一般NISAでも積立投資が可能です。非課税投資枠内での投資信託などの積立投資が可能です。

 

 

2.つみたてNISAとは?

つみたてNISAとは、2018年1月からスタートした長期の積立・分散投資を促進するための税制優遇制度です。

通常、投資信託の売却益や分配金には、20.315%の税金がかかりますが、つみたてNISA口座を活用することにより非課税となります。

 

つみたてNISAの毎年の非課税投資枠は40万円非課税期間は最長20年間最大の非課税投資枠は800万円になります。投資可能期間は2018年~2037年です。

 

つみたてNISAの対象商品は、一定の条件を満たして金融庁に届け出された投資信託ETF(上場株式投資信託)に限定されています。 

つみたてNISAの対象商品は、インデックス型投資信託が148本アクティブ運用投資信託が18本ETF(上場株式投資信託)が7本の計173本です。

つみたてNISA対象商品届出一覧(対象資産別)

 

なお、つみたてNISAについては、投資可能期間の延長が予定されています。2037年までに積み立てを開始すれば、2038年以降も積立が可能となる予定です。 

www.fpinv7.com

 

 

3.「一般NISA」と「つみたてNISA」を比較|大きな違いとは?

一般NISA」と「つみたてNISA」の非課税投資枠や非課税期間などの比較表は、下表の通りです。

  つみたてNISA 一般NISA
対象者 日本に住む20歳以上
非課税投資枠 40万円 120万円
非課税期間 20年間 5年間
対象商品 投資信託・ETF
(金融庁が認定したものに限る)
株式・投資信託など
投資可能期間 2018年~2037年 2014年~2023年

 

上記比較表の中で、確認して頂きたい両制度の大きな違いが、投資できる対象商品です。

個別株が買えるのは「一般NISA」投資信託やETFの積立投資しかできないのが「つみたてNISA」です。選べる投資商品が異なるのでどちらを選択するかは重要です。

スポンサーリンク

 

 

 

4.「一般NISA」と「つみたてNISA」は併用できる?

一般NISAとつみたてNISAの併用が可能かという質問が多いのですが、残念ながら同一年で両方の制度を併用することはできません

一般NISAとつみたてNISAのどちらの口座を開設するかを選択する必要があります。

 

 

5.「一般NISA」から「つみたてNISA」への切り替えは可能か?

一般NISAからつみたてNISA口座への変更や、逆につみたてNISAから一般NISA口座への変更も可能です。

既にどちらかの口座を開設していて、変更したい方は手続きをすることによって、切り替えることが可能です。

 

なお、両制度間の切り替えは年単位で可能です。

例えば、今年は一般NISA口座を活用していたのであれば、つみたてNISAに変更できるのは、来年からということになります。

 

 

6.「一般NISA」と「つみたてNISA」のどちらを活用すべき

一般NISAとつみたてNISAのどちらを活用すべきでしょうか?

両制度ともメリット・デメリットがあるので、どちらか一方を全ての方におすすめすることはできません。それぞれの方の投資スタイルによって、どちらを活用すべきかが異なります。 

 

一般NISA口座の活用が向いている方

高配当株に投資したい方や桐谷さんのように株主優待を狙いたい方、また、自ら投資対象とする個別企業などを選びたい方は、一般NISA口座の方が向いています。

つみたてNISA口座では個別の企業の株式は買えません。よって、高配当株や株主優待を狙いたい場合には、一般NISAを選ぶ必要があります。

 

しかし、優待狙いで欲しい株式はある特定の銘柄だけとういような場合には、「一般NISA」にこだわらず、課税口座(一般口座・特定口座)で買ってもいいと思います。

 

例えば、ある百貨店でよく買い物をするから株主優待の割引券が欲しいとします。株主優待で欲しいのは、その百貨店の割引券だけというような場合には、百貨店の株式は課税口座で買って、それ以外の運用については「つみたてNISA」で投資信託の積立をするという考え方もあります。 

www.fpinv7.com 

www.fpinv7.com

  

つみたてNISA口座の活用が向いている方

個別企業の株式をどう選んでいいか分からない方や、株式の売買タイミングが判断できない方などは、「つみたてNISA」の方がおすすめです。

個別株式は、銘柄の選定や売買のタイミングが難しいので、投資経験の少ない方や、頻繁に業績や株価などをチェックできない方などについては「つみたてNISA」の方が向いています。

 

つみたてNISAは、一度購入する投資信託やETFを選んだら、その後は選んだ商品を毎月積み立てていくことになりますので、売買のタイミングを考える必要はありません。

ある程度ほったらかしで投資をしたいという方には「つみたてNISA」の方が向いています。

 

また、つみたてNISAで投資対象となっている商品は、販売手数料ゼロ、信託報酬は一定水準以下など、長期・分散・積立に適した投資信託及びETF(上場株式投資信託)に限定されていますので、そういう意味でも初心者の方に向いている制度です。

 

つみたてNISAの年間40万円の非課税投資枠では少ない場合

投資信託の積立投資を考えている方で、年間40万円の非課税投資枠では少ないと感じている場合もあるでしょう。そのような方は、つみたてNISAの投資可能期限延長に伴い、下記のような考え方もアリだと思います。

 

まず、一般NISAで年120万円ずつ5年間、投資信託などの積み立てを行います。

その後、つみたてNISAに変更して、年間40万円ずつ投資信託・ETF(上場株式投資信託)の積み立てを行います。

つみたてNISAは投資可能期限が延長される予定なので、2037年までであれば、いつ積立を開始しても20年間40万円ずつの非課税枠800万円を利用可能となる予定です。

 

上記の方法であれば、一般NISAで600万円つみたてNISAで800万円合計1,400万円の非課税投資枠が使えます。

  

 

まとめ

一般NISAとつみたてNISAの違いやどちらを活用すべきかをご理解いただけたでしょうか?

 

高配当株に投資したいという方や株主優待銘柄を中心に投資したいという方、また、多くの商品の中から投資先を自分で選んで投資をしたいという方以外は、つみたてNISAの方が向いているでしょう。

 

特にこれから資産運用を始めるという方については、金融庁によって対象商品が限定されている「つみたてNISA」の方がおすすめです。

 

なお、一般NISAに「積み立て型」を新設する案を税制改正大綱に盛り込むという報道もありました。詳細については現在検討中とのことです。

www.asahi.com