現役投資家FPが語る

20年以上の投資経験がある現役投資家FPが「人生100年時代」の資産運用や公的年金などについて語ります

資産運用

iDeCo(イデコ)の申し込み方法とは?|具体的な手続きの流れを解説

「老後2000万円問題」が話題になってから、資産運用について考えている方が増えていると思います。 資産運用について調べると、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)がメリットが大きい制度だとか、資産運用はiDeCo(イデコ)から始めるべきだという情報を目に…

日産の業績見通し大幅下方修正から考える高配当株投資のリスクとは?

11月12日に日産自動車(7201)が業績見通しを大幅に下方修正しました。 日産自動車は高配当銘柄として人気の高い銘柄ですが、業績低迷により、今期の配当額は未定となってしまいました。 今回の日産の件で、改めて配当金を狙った高配当株投資のリスクを痛感…

ジュニアNISAと学資保険を比較|教育資金の積立におすすめなのはどっち?

教育資金は、住宅資金や老後資金などと同様に人生の中で、大きなウェートを占める費用の1つです。 子供の教育資金をどのように貯めるべきか頭を痛めている方も多いでしょう。 教育資金の積立を検討すると、ジュニアNISAの情報を目にすることが多いと思います…

一般NISAをロールオーバーする・しないの判断基準とは?|私の事例を紹介

2019年(令和元年)も残り2か月を切りました。2015年の一般NISAの非課税投資枠は2019年12月末で5年間の非課税期間が終了します。 非課税期間満了時には、下記3つの選択肢があります。 ・売却・課税口座(一般口座・特定口座)へ移す・翌年の非課税投資枠へ…

金融庁が激怒するほど日本の投信信託はイケてない!?

仕事柄、資産運用に関する記事などを目にすることが多いのですが、下記の衝撃的な題名の記事を見付けて、思わず読んでしまいました。 www.newsweekjapan.jp FP(ファイナンシャル・プランナー)にとっては目新しい内容ではないのですが、実は一般の多くの方…

第二のかんぽ生命!?ゆうちょ銀行員も投資信託などを不正販売か?

かんぽ生命の不正販売問題が大きな話題となり、日本郵政グループの信頼が大きく損なわれたばかりですが、ゆうちょ銀行でも投資信託や外貨建て生命保険を不正販売していた疑惑が報道されています。 「第二のかんぽ生命」になるのではないかとの報道がありまし…

動画で学べる素人でもできる投資の鉄則とは?

オリエンタルラジオ・中田敦彦さんのYouTube動画『【お金の授業】学校では教えてくれない「資産運用の鉄則」〜素人が必ずハマる罠編〜前編』を先日、観たのですが、後編もあるので観てみました。 全編と同様に『【お金の授業】素人でもできる投資の鉄則を教…

動画で学べる資産運用の鉄則|素人が必ずハマる罠とは?

遅ればせながら、少し前に話題になったオリエンタルラジオ・中田敦彦さんのYouTube動画『【お金の授業】学校では教えてくれない「資産運用の鉄則」〜素人が必ずハマる罠編〜前編』を観ました。 動画の中で、「お金のプロを信じてはいけない」という部分があ…

年金を一生涯受け取れる終身年金タイプの個人年金保険はオススメか?

一般的な個人年金保険は、年金の受取期間が10年~15年程度の確定年金です。年金を受け取り始めて10年~15年で年金は終了します。 しかし、個人年金保険の中には、年金を一生涯受け取れる終身年金が選択できる商品があります。 終身年金を選択できれば、一生…

個人年金保険で老後資金は準備できる?|デメリットやメリットを解説

「老後2000万円問題」が話題になり、公的年金を補完するために個人年金保険の活用をすすめている本などがありますが、老後資金準備に個人年金保険を活用すべきなのでしょうか? www.fpinv7.com www.fpinv7.com 個人的には、老後資金の準備に個人年金保険を積…

NISAのロールオーバー制度とは?|手続きを忘れるとどうなる?

今年(2019年)も残り約3ヶ月となり、一般NISAの2015年の非課税投資期間が終了します。 一般NISAの非課税期間終了時に保有している株式や投資信託などはどうなるのでしょうか? 実は、非課税期間終了時に手続きをしないと、デメリットが発生する場合があるこ…

NISA(ニーサ)を始める前に必ず押さえておくべき最大のデメリットとは?

「老後2000万円問題」が話題となり、老後資金準備のために資産運用を始めようという方も多いと思います。 資産運用を始める際に、真っ先に検討するのがNISA(ニーサ)ではないでしょうか? NISA(ニーサ)は税制上優遇されていて、活用するメリットがある制…

個人事業主は個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)と国民年金基金のどちらを活用すべきか?

最近では、フリーランスと呼ばれる個人事業主の方が増えています。 フリーランスなどの個人事業主の方は、サラリーマンなどの厚生年金加入者と比べて、受け取れる老齢年金は老齢基礎年金だけなので、老後資金準備が重要です。 そこで、活用すべき制度が個人…

国民年金基金とは?iDeCo(イデコ)との違いとメリット・デメリットを解説

公的年金の上乗せ制度として、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)ばかりが注目されていますが、公的年金の上乗せ制度には、国民年金基金という制度もあります。 国民年金基金の拠出限度額はイデコと合わせて月68,000円までなので、イデコを拠出枠上限までや…

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の口座を開設する金融機関の選び方とは?

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は、非常にメリットが大きい制度なので、老後資金の準備に是非活用してい頂きたいのですが、始める前に重要となるポイントがあります。 www.fpinv7.com それが、金融機関の選択です。個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を…

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を始める前に押さえておくべき3つのデメリット

「老後2000万円問題」で資産運用の大切さが認識され、資産運用の方法を色々と探している方も多いと思います。 その中で、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)をすすめられることが少なくないでしょう。 www.fpinv7.com 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は非…

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)とは?掛け金の拠出が不安な場合の対処法

「老後2000万円問題」が話題になり、老後資金の準備には、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)がいいという情報に接する機会が多くないでしょうか? 実際、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は活用して頂きたいメリットの大きい制度です。 では、個人型確定…

口座維持手数料とは?銀行に預金すると、お金が減る時代がくる?

現在、非常に金利が低い状態で、お金をどう運用するか悩んでいる方が多いと思います。 実は、低金利で悩んでいるのは皆さんだけでなく、銀行も同じように低金利で収益が上がらず、苦しんでいる状態です。 そのような状況の中、いよいよ、銀行預金に口座維持…

資産運用における基本的な考え方とは?

私が考える資産運用の基本的な考え方は、「長期・分散・積立」です。「長期・分散・積立」は、誰もが資産運用の基本と話す内容です。 しかし、私は机上の空論ではなく、自分の大切なお金を約20年間、運用してきた中で、数々の失敗を通して「長期・分散・積立…

元本割れリスクを避けたい方におすすめの投資商品とその理由

株式や投資信託などで資産運用を行えば、元本割れのリスクを避けることはできません。投資初心者の方が元本割れのリスクを乗り越え、資産運用を始めるのは大変なことだと思います。 「老後2000万円問題」なども話題になったので、資産運用を始めたいと考えて…

投資信託とは?|種類と選び方を解説

資産運用を始めようと考えた時にすすめられることが多い投資信託ですが、投資信託にはいろいろな種類があり、投資信託協会によると、日本には約6,000本以上もの投資信託があるそうです。 実際に資産運用をする際には種類が多すぎて、どの投資信託を選んだら…

株主優待や配当金狙いの株式投資を始める前に知っておくべきリスクとは?

株主優待や配当金を目当てに株式投資を始める人が増えています。 いつも利用する飲食店の割引券などがもらえる優待や配当金狙いの投資は、投資を始めるきっかけとしてはいいのですが、優待や配当金狙いの投資にもリスクがあることを認識する必要があります。…

ドルコスト平均法とは?押さえておくべきデメリットを解説

以前に比べて積立投資が話題になることが多くなりました。私が投資を始めた約20年前には、積立投資など全く話題になっていなかったような印象があります。 積立投資が話題になる中で、ドルコスト平均法のメリットばかりが強調されているイメージがあります。…

「老後2000万円問題」を解決するための考え方とは?

公的年金だけでは老後に2000万円が不足するとした金融庁の報告書で、「老後2000万円問題」が話題となりました。 「老後2000万円問題」を解決するには、セミナーなどに行って、すぐにでも資産運用を始めるべきなのでしょうか? 今回は、「老後2000万円問題」…

預金金利が7%に!?定期預金と投資信託のセットってお得なの?

ネットや銀行の店舗で高金利が適用される定期預金の広告を見たことはないでしょうか?7%もの高金利をうたっている広告もあります。 現在の大手都市銀行の普通預金金利は0.001%です。7%ということは7000倍です。 実は、投資信託の購入とセットで定期預金に…

保険で資産運用は可能か?保険は「積立型」と「掛け捨て型」のどちらに加入すべき?

「保険で資産運用は可能なのか?」と聞かれることがあります。保険で資産運用することは可能なのでしょうか? 結論から申し上げると、保険を使った資産運用は可能です。ただし、保険を使った資産運用には、理解しておくべきデメリットがあり、デメリットを押…

「安全性」「収益性」「流動性」の全てを満たす投資商品はない?

投資商品には、「安全性」「収益性」「流動性」の3つの要素があります。 資産運用を始める際には、それぞれの投資商品の持っている性質を理解する必要があります。そして、目的に応じて資金を振り分けることが重要です。 今回は、投資商品が持つ3要素(安…

投資っていくらから始められるの?

投資を始めようと考えた時、最も気になるのが、いくらから始められるのかということではないでしょうか? 投資と聞くと、少なくとも数十万若しくは数百万は用意する必要があるのではと考える方も多いと思います。 実は、投資は驚くほど少額から始めることが…

資産運用を考える際に押さえておくべき「流動性」とは?

資産運用をする際、投資対象を選ぶポイントに「安全性」「収益性」「流動性」の3つがあります。 「安全性」や「収益性」については、なんとなく意味がわかると思いますが、「流動性」とは、どういうことなのでしょうか? 実は、「流動性」も運用商品を選ぶ…

投資の5つのリスクとは?

資産運用の話をすると、リスクがあるから絶対に手を出したくないという方がいます。しかし、そういう方に話を聞くと、具体的 にどのようなリスクがあるかを理解している方は、ほとんどいません。 今回は、投資する際に存在する主なリスクについて解説します…